45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

子育てが間違っていた。上っ面だけの薄っぺらい内容と気付かされた。1歳からみるみる頭が良くなる51の方法の所感

子育てについては、僕は男としてはかなりやっている方だと思っていました。

朝は、食事を食べさせ、着替えさせて、遊んで

夜は、保育園に迎えに行き、風呂にいれて、絵本を読み寝かしつけ・・・

 

 

自分でいうのも何ですが、ここまでやっているパパってなかなかいないと思います。上には上がいるのはわかりますが、下の方が多いでしょう。

 

妻からも良くやっている、て言われてます。そのことが自惚れにつながっていました。

 

 

1歳からみるみる頭がよくなる51の方法――感性豊かな脳を育む五感トレーニング

1歳からみるみる頭がよくなる51の方法――感性豊かな脳を育む五感トレーニング

 

 

1歳からみるみる頭がよくなる51の方法

 

内容としては味覚、聴覚、視覚、聴覚、嗅覚の五感を教育として養っていく方法論でした。

 

え、51もあるの?と読んでて面倒くさくなってきましたが、読んでいて目からウロコでした。

 

食事を食べさせる、着替えさせるなど一つの動作で注意すべきことがたくさんあったんです。

 

食事 「ちゃんと噛んで食べているか?」

 

最近だと、噛まずに飲み込む子が増えているらしい。そうなると顎の発達とか長い目で見るといろいろ不具合が出てくる。

そうならないためにも、一口食べさせたら

「カムカム、、、、ゴックン、口空けて」

で食べたことを一回ずつ確認する。一回、一回確認するのは面倒だけど、ちゃんと噛んで食べるというのは大事なこと。

 

 

全然できてませんでした。とりあえず食べれば良いって思ってました。なので我が子はあまり噛まずに飲み込むだけです・・・・大いに反省です・・・

 

 

ちゃんと子供の目をみて話す。

 

親と子どもって身長が違うから目線があうことってあまりないです。だからこそ、親が子どもの目線まで下がって話すことが大事だそうです。

 

うちの子供、たとえば親が怒ったとき、必ず目を逸らすんです。なので真剣さが全然伝わらなくて困ってました。

 

でも、これは普段、目を合せて会話してないからじゃないのか、と思うようになりました。

 

これも大いに反省です。

 

 

遊び、紙を破かせる。破き方は正しいか?

 

紙を破かせるのって、あとで片づけが面倒くさくて正直やらせたくないんですよね。

でも、紙を破かせるのは大きな意味があるようです。

それは、正しい破き方をしているか?

一つの紙があれば、たとえば左手は手前へ、右手は奥へ同時に動かせば楽に破けます。

その行動が子どもが出来るか?

 

試してみました。

 

そうしたら、左手は左方向へ、右手は右方向へ、ちょうど紙を横にちぎるように力を入れてました。

 

無駄に力が必要な破き方でした。本では正しい破き方を教えるのが大事とあります。

 

 

 

そのほかにも、細かなことですが、大事なことがたくさん書かれてました。

 

 

読んでて痛感したのは、

 

一つの行動に対してどういう意味を持ち、どういうことを子供に伝えたいか、教えたいか、それをちゃんと親が理解して子供にすること。

 

これが僕には全くありませんでした。

 

とりあえず、衣食住の毎日の行動をしておけば良いだろう、くらいです。

 

我が子は、いま1歳10か月です。まだまだ小さいですが、この本を読んで、もうほかの子供とは大きな違い、差が出来ているだろうと痛感しました。

 

大きくなってからの修正は力が要りますし大変です。だからこそ、小さいころからの習慣づけ、教育が大事です。あとで苦労したくないから。

 

この本の内容、全部取り入れるのは無理だけど、取り入れられるところは取り入れていきます。

 

子育てについて反省させられた本でした。

 

 

 

 

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }