45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

自分の将来のために休職します。

将来的な話です。いますぐというわけではありません。

 

わが社には、病気とは別の、たとえば学業習得のためなどの休職制度があります。大学院に行くとか、ボランティアに精を出すとか、無休ながら休職できます。

 

この制度をうまく活用できないか、と最近考えています。

 

資産が4,5千万超えてアーリーリタイヤが具体化してくれば詳細に考えます。やるとすれば大学院等の学業習得のための休職制度の活用です。これに放送大学などのカリキュラムが適用できれば最高です。

 

自分の時間を存分に確保しつつ、修了書を手に入れられる。素晴らしいです。

 

 

なぜ休職したいのか、というと在職中ではできないことをしたいからです。こういうと、

・それは辞めてから存分すれば?

・無休期間のお金がもったいない。それを貯めて早くアーリーリタイヤすべき

という意見が聞こえてきそうな気がします。

 

僕もそう思います。でも、アーリーリタイヤの先人たちのブログ等を見ていると、やはりライフワーク的なものが無いと飽きて苦痛になるのが多いように思えます。

 

今の会社大嫌いの僕からすれば、贅沢な悩みのように見えますが、リタイヤ後の人たちにとっては真剣な悩みで、やがてそちらに行く僕もその声は無視できません。

 

なら、少々リタイヤが遅れたとしても、退職する前に多くの時間を確保して、それらを体験してみることはできないか?そうすれば上手くリタイヤ生活をおくれるのでは?と思ったわけです。

 

まあ、やりたいことと言えば、

・海外で1-2か月拠点を決めて生活

・沖縄(本土、離島)で1-2か月拠点を決めて生活

 

のどちらかになります。もちろん世界一周旅行もしたいですが、それはリタイヤ後でも良いかもしれません。それよりも肝心の住まいの面での知見を深めておきたいです。

 

海外においては、高城剛氏の「世界に出てみよう」の中に書かれてありましたが、1か月以上拠点を決めて住まないと、その国が見えてこないらしいです。

 

沖縄もたぶん同じなんでしょうね。住む場所を決めて1か月程度観察してみる。そして住みよければそこを拠点に軸を構える。そうでなければ他をあたる。

 

それを繰り返して自分の気に入る場所を1年かけて見つけたい。

 

 

金銭的なことを言えば、まず無休になるので年収の600万、そして住まいを転々とする費用と生活費で400万、併せて1千万は失われるでしょう。

 

でも、1千万かけてもやる価値があるような気がしてます。将来的な妄想ですが、資産形成が進んでいけば本気でやろうと考えています。

 

でも、たぶん、これやったら職場復帰せずにそのまま退職しそうです。まあ、それはそれで良しですな。

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }