45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

相続放棄します。憎しみから離れるために

僕には姉と弟がいます。でも、父親が亡くなったら一切かかわりたくないので、遺産は相続放棄します。

 

もう修復不可能ですので、一切関わり合いを持ちたくありません。法的には縁切りは出来ないようなので、ならばこちらから縁を断ちます。そのための相続放棄です。

 

僕の父親はそれほど相続も無いでしょうが、相続してしまったらまたしても姉弟との縁がどこかで繋がってしまいます。そんなのは御免こうむりたい。

 

財産争いを放棄するかわりに、縁を切らせてもらう。

 

 

たぶん、他の人は財産争いして骨肉相食む状態になって、どこかで兄弟たちと縁がつながっている状態を続けるのでしょうね。でも、僕にはそんなのは御免です。

 

父には悪いけど、無くなったら速攻で家庭裁判所相続放棄手続きを取り、かつ、葬式が終わったら電話番号も変えるつもりです。僕にとって彼奴らとかかわると憎しみが湧いてくるので良くない。だからさようなら、をします。

 

大橋巨泉の本に書いてあった一節だけど、

「兄弟は他人の始まり」

たしかにそう思います。血縁はあるけど、ただそれだけ。自分で選んだわけではない。強制的に選ばされた。兄弟を大切に思うのも良いが、僕はそうではない。これ以上かかわると良くないと判断した。

 

だから、さようなら。

 

 

 

 

 

具体的な手続きを備忘録として残します。

1 提出先は、亡くなった方の住民票を管轄する家庭裁判所

2 期限は、無くなってから3か月以内

3 必要な書類は

  • 相続放棄申述書
  • 亡くなった人の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
  • 亡くなった人の住民票除票または戸籍附票
  • 届出をする人の戸籍謄本
  • 収入印紙800円分
  • 郵便切手

 

 

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }