45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

今も昔も資産形成の道順は変わらない。私の財産告白を読んでみた。

読書

1900年初旬の大富豪の資産形成の過程を記した本(1866-1952)。

 

私の財産告白 (実業之日本社文庫)
 

 

人物像(wikipedia抜粋)

幼少時に父親を亡くした経験とドイツ留学でのルヨ・ブレンターノ教授の教えから、勤倹貯蓄を処世訓とした。奈良県・吉野の土倉庄三郎翁の書生をしながら直接林業を学び、後に日本で最初の林学博士となった。投資家として巨万の富を築いたが、退官を機に匿名でほぼすべてを教育、公共の関係機関に寄付したことでも知られる[5]

勤倹貯蓄は、収入の1/4は必ず貯蓄をし、貯金と株式投資によって40代で、分散投資を実施した。また、日々1ページ原稿を書くことを常としたため、370冊を超える著作がある。

 

 

読んでみた感想としては、

 

昔の人も資産形成の道順は変わらない。

 

 

節約してお金を作り、そして投資していく。周りが散在していく中で、自分そして家族だけが己を律して資産を作る。

 

参考になったのは、節約によりある程度の資産が形成できたら投資に回すべきだ。という部分。

 

今、自分もその段階に来ている。

 

もう節約本などは読んでもあまり身になることはないだろう。すでに知っていることばかり。その一方、投資の分野はリスクが伴うので苦しい。新しいことにチャレンジするので悩むことが多い。でも、苦しいといって逃げていても自分が望むアーリーリタイヤは得られない。

 

適切な段階に来たら、適切なステップを踏んでいく。

 

今も昔も変わらない部分が参考になった。

 

 

PS:資産形成部分だけでなく人格形成についても書かれてあった。仕事を通じて人格も磨いていく云々だけど、もう仕事自体が嫌いで読んでて嫌になってきたので、ここは素通りしてしました。

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }