45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

I am シングルファーザー 低価格の家政婦サービスに税金を投入すべきだ。

ただ今、もっぱらシングルファーザー。

バブ助のことを一人で取り組む。

 

「なんて健気なんだ、自分・°・(ノД`)・°・」

て、自分に酔う暇もなく、

「早く寝てくれーーー、一人の時間くれーーーー」

ですね・・・・

 

 

まあ、シングルファーザーは土曜日だけですがね。

妻が土曜日も仕事なので、その間は僕が面倒を見る。

 

でも、これがかなり大変。

今日も、午前中は、公園で遊ばせて→寝かせて→

             保健所の遊び場で遊ばせて→ご飯食べさせて→寝かせる(now)

自分の時間がほとんどねぇ・・・・・

 

 

わずか半日強でもグッタリ・・・・・

子育てシングルの人は、過労で倒れるんじゃないのか。

 

半日強で倒れそうな軟弱者で、すみません。。。

 

 

でも、今や子育てシングルの人は増えてきている。

日々、子育てと仕事に追われて精神的にも追い詰められる。

離婚するな、と言うのは簡単だけど、現実問題、そうもいかない。

それで子供を受け持つシングルの人は、たとえ慰謝料を毎月受け取ったとしても

子育てと仕事の両立で負担は非常に大きい。

 

こういうとき、マレーシアの家政婦などがいればと思う。

あちらでは、日本円で2万円程度で家政婦が雇えるらしい。

物価が違うから日本では無理なのだろうけど、

現実問題、もう、そういう低価格の家政婦サービスがないと

やっていけないのでは。

家政婦サービスに税金を投入していくべきだと思う。

 

 

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }