45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

しないことリストを読んでみた。柳のように全てを受け流すようになりたい。

 

 

京大卒ニートの著者。

 

現代社会の常識が受け入れられずに、

ニート生活。といっても、ブログ収入などで

生計をたてており、パラサイトとは異なる。

 

僕も、常識が受け入れられない少数派なので

著者の言葉が心に響く。

 

特に疲れた時、腹立った時、ブログでその感情を書き出すと

スーっとくるっていう部分を実践すると、本当にスーッときたのにはびっくりした。

 

職場で毎日毎日、腹立つこと、いらだつことばかり

腹の中でためてこらえているが、ストレスは徐々に貯まるばかり。

良い大人なんだから、といって表に出さないでいるだけで

精神衛生上は非常に良くない。この毒を吐き出さねば。

でも誰も見ていないだろうブログに、そのことをオブラートに包みながら

書き込むだけで、自分の感情がスーッと楽になるのは大きい。

これは実践してよかった。

 

 

印象に残ったフレーズを記録しておく。

 

家賃について

 若いうちにボロい家に住んでおくと、ボロ家に耐性がつくので良い。

 

勉強について

 「中学や高校で習う数学や古典なんかの勉強なんて、社会に出てからはまったく役に立たない」という人がたまにいるけれど、学校や勉強をする意味の一つは「自分で何かを調べて知識を得ることの練習」だ。

 勉強のやり方さえ身につけておけば、将来何かを覚える必要が出てきたときに困らない。

 

読書について

 本を読んでも、そのまま読みっぱなしにしておくと人間は忘れてしまうので、できだけメモを取るようにしている。メモの効用は「後で読み返す」という以外にも、「手を動かしてメモすることで記憶に定着しやすくなる」というのも大事だ

メモの取り方は、ほんの重要さに応じて4種類に分けている

?重要度:なし あんまりおもしろくなかった本の場合

?重要度;低い 本の中に、何か所か面白い部分や気になった部分があった場合

?重要度;中 本全体が面白くて、数か所を引用しただけでは物足りない場合

?重要度:高 とてもとても良い本でぜひ他人に紹介したいとか、その本を読んで自分なりにいろいろ考えることが多かった場合

 

ブログでつらいという

疲れた時にブログに「疲れた」と書き込むと、少し気分が落ち着くのだ

 

何かのためにしない

何かをするときは、「それが何の役に立つか」を考えるよりも、そのこと自体を楽しむのが健全だ

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }