45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

退職日を決める。「ダラダラ」せず「流されない」ために。

 

 

図書館でふと借りた本。

内容は、まあ、ありきたりだけど、

一つだけ印象に残った。

 

それは、退職予定日を決めること。

自分の「定年の日」を明確に知ることが、すべてのスタートになる。

「えーと、2021年かな」のような曖昧なことではダメです。日付まで、はっきりと出してください。

「あと10年以上もありますよ。その間に転職するかもしれないし、独立だって考えられなくはない。それでも、今の会社での定年の日を計算する意味があるのでしょうか?」という声が聞こえてきそうですね。

それでも意味はあります、断言します、大きな意味があるのです。

(中略)

ゴールが見えてくればこそ、具体的な戦略やコース変更も可能となる。

(中略)

さらには、明確なゴールが設定されると「流される」ことが避けられます。

どんな仕事でもそうですが、ゴールを決めなければ、その間の密度は高まりません。ゴールもなく仕事をしている人は、たいていダラダラ「流されて」やっているものです。

確かに、いまはダラダラと、「流されて」やっている。

50歳で1億の計画を立てているが、

 

「まあ、できなくても55歳で良いか」

とか

「60歳まででも良いか」

 

とか、甘い考え方が出てきている。

 

それは、具体的な退職年月日を決めてないから。

〇歳で、という曖昧にしているから。

 

だから決める。

 

僕の退職年月日は

2027年3月31日

 

ちょうど45歳。

いまの会社で早期退職制度が適用される歳。

どうせ退職するなら、この制度のメリットを最大限利用すべきだ。

 

心に刻もう。

 

いまの会社は、あと10年6か月強。

終わりを意識して、集中していく。

 

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }