45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

自分らしさを失った司馬遼太郎氏の著書の一言

読書

自分らしさ、自分がやりたいこと、
時間を忘れるほど熱中できること。

その答えは自分の中にある。

小さい頃は誰でも夢中になって遊んでいた。それが成長するにつれて、社会にもまれるにつれて
徐々にそれが見えなくなってくる。


とある本の一節、
まさに自分もそれです。


時間を忘れるほど熱中できること。

何だったっけ??


今後生きる上でどうしてもかかせない要素。
これを早く思い出すかどうかで
今後の人生が変わってくるといっても過言ではない。


でも、どうして自分は見えなくなってきたのか。
わかれば苦労はないけど、
自分が金言としている言葉がもしかしたら
見えなくしているかもしれない。

人生ままにならないことだらけ、笑って腹の中でかみ砕くしか無い。


司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」の一節

読んだとき、心の中にストンと入ってきた。
このスタンスで行こうと。
(実際は、できてないんだけどね)

深い言葉だと思う。

でも、よく考えてみると、この言葉って
自分らしさを見失わせる言葉でもある。


重要な処世術の一つだけど
今の自分にとっては有害そのものだ。


自分が金言としている言葉の
洗い出しが必要だ。
金言と思っていたことが逆に自分を縛り付けているかもしれない。




 

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }