45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

一社会人ができる節税対策、小さな事をコツコツと積み上げる。

節約・貯金-固定費削減

給与所得を得ているサラリーマンは、出来る節税は本当に少ない。給与以外の、たとえば投資などの損失を相殺できないのが大きい。

一方、不動産所得、起業家の事業所得、山林所得、譲渡所得

これらについては、損失をほかの所得と相殺することができる。

たとえば、不動産業で-100万の損失があっても、給与所得で500万あれば、給与所得から100万を引き、所得400万にできる。

その分、税金が安くなる。しかも、青色申告で税控除額が増える等、様々な特典がある。


給与所得者も出来たらと何度も思う。


そんななかでも、一社会人で出来る節税対策といえば

1 ふるさと納税
2 生命保険・地震保険個人年金
3 個人型確定拠出年金

くらいしかない。

このうち1,3の効果が非常に大きい。

1のふるさと納税は、限度額-2000がワンストップサービスの申請書を送付すれば翌年の住民税から差し引かれる。

3の個人型確定拠出年金は、所得に応じて税率も変わるが、僕の場合は、掛け金の20%が減税される。

今のところ、最大限に活用すれば
年間約10万円の減税が行われる。

共働き夫婦で行えば、おそらく年間約20万になる。

ふるさと納税は、厳密に言えばお礼の品物をいかに生活費に充てれるかによるので
減税額をそのまま充てるのは少しおかしいかもしれないが)

小さな事だけど、積み重ねていけば
きっと大きなこととなる。

出来ることからコツコツとやっていこう。


広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }