45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

壁紙は個人輸入が安い、国内の半額で手に入る。

壁紙に問わず全般的に言えることだけど、
国内で販売されている品物は、たいていがボッタクリ価格。

たとえば、壁紙10m×0.53cmの商品
楽天や、amazonなど、通販サイトを見てみても
大抵は6000(税別)〜が多い。

しかし、この価格の正体に
気づいている人は少ない。

壁紙はドイツ製が多いが、
これがドイツ国内の価格だとどうだろう。

なんと

2000円!!

日本への送料を含めると
3,000円程度に収まる。



ということは、壁紙一つにとっていうと
価格の半値がボッタクリ価格ということになる。

もちろん、輸入の手配や、
輸送中のトラブルで商品が傷んだ際の
保証等のリスクはあるが、

それを加味しても、ひどいボッタクリ世界だ。

このことを知っているため、
国内で買おうという気持ちは起きない。


個人輸入した壁紙がこちら。



国際郵便物とデカデカした文字




中身はもちろん英語ですな。


届くまで最大1ヶ月くらいかかるのが難点だが、
仕方が無い。




輸入元、
14ポンド 約2300円
送料込めると、約3000円


長くなるので、個人輸入の仕方について
後日、まとめてみる。


広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }