45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

車・バイク ユーザー車検のやり方 自分ですれば5万はお得

車やバイクの車検費用って馬鹿にならない。

2年に1回、車なら約10万
バイクなら約7万ほど吹っ飛んでいく。

でも、よくよく考えてみると、
ディーラーに頼んでいるから
そんなにかかっているだけ。



自分でやったらその半額で行ける。



法定費用
車(エコ減税や排気量で変わるが、僕の車1998ccで考える)
●法定費用
自賠責保険22,400円
・重量税30,000円
・検査費用2,600円
------------------------
      計55,000円

バイ
自賠責保険及び重量税・検査費用
 計19,170円



車・バイクともに5万は浮く。ディーラーがボッタくっているか良くわかる。

車検は自分でやった方が経済的。


でも、ユーザー車検って難しいんでしょ?
と思うかもしれないが超簡単。最初はドキドキするけど、一回やったら、もう二度とディーラーに頼むもんか、と思う。


所要時間は約1時間程度。



今回はバイクのユーザー車検の手続きの方法

●検査前の準備
1 ホームページで予約をとる。





これをしないと運輸局で門前払いを受ける。

2 自己点検のチェック表の準備
法定24か月点検。自分でもできる。記録簿はネット上の任意様式でOK。検査員は内容をほぼチェックせず。

3 自動車税の納税証明書の準備。
 
4 車検証及び自賠責保険

5 現金2万強

 
●検査当日



1 運輸局のどこに行けばよいのかわからず困るが窓口で聞き手順通りに行く。
 ・検査用紙の購入
 ・自賠責保険の更新
 ・書類提出

2 バイクに乗って建物外の検査場へ
 ※敷地内なのでノーヘルでもOK。検査員と受け答えがあるのでノーヘルの方が便利

3 検査内容



・ボルト類・ウインカー・ブレーキランプ・ハンドル幅のチェック
・前・後輪のブレーキのチェック
・アップライトの高さ・排ガスのチェック

※改造していなければ、劣化によるライトの向きや、排ガスの音、タイヤの溝さえ問題なければほぼ通る。まあ、普通にのってれば大体問題ない。

4 検査に合格すれば、建物内で新しい車検証が交付される。不合格の場合は、当日の再検査なら手数料は不要だが、後日になると検査手数料約1400円程度が必要となる。


●備考
 周りはディーラーだらけで、一般人はほとんどいない。職員もガラがあまり良くない。すごいアウェー感があるが一回やってしまえば慣れる。

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }