45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

赤ちゃんって1ヶ月から会話できるらしい

子育て本を最近、よく読む。


赤ちゃんとのおしゃべりBOOK


生後1か月からおしゃべりができるらしい。親の言葉を理解し、問いかけるとちゃんと返事するとか。

親と子ども双方向でコミュニケーションが取れる。



「よちよち手話」(ベビー用のサインランゲージ)



手を使って会話する簡単手話。グーとパーだけで表現するとか。

例えば「おっぱい」で、グーの手を口元に2回トントン。これを一定期間続けると、赤ちゃんは自分からそのサインをして、おっぱいが欲しいことをアピールしはじめるとか。

「抱っこ」や「おむつ交換」もよちよち手話を使いだすと赤ちゃんがアピールしはじめるらしい。


この効果が大きく表れるのが、癇癪を起す、2歳児、3歳児。よちよち手話でしっかりしたコミュニケーションがとれている子は、2〜3歳の癇癪がほとんどないとか。



むぅ、まだ未知の生物で、言葉を理解するのは1歳くらいだろう、とタカを括っていたが、どうやら、1歳未満の頃から差が出始めるのか。

我が家の暴れん坊将軍は7か月。




もうかなり分かってきているだろうな。





まだ経験したことないけど、魔の2〜3歳と言われる癇癪時期がない、というのは素晴らしい。


父親の立場から、よちよち手話、を研究してみるか。とりあえずいろいろ試してみる。




記憶に残ったフレーズ

子ども時代の自分の経験はたくさんのヒントが隠されている宝箱

?もしも子供のころの私だったら、どう感じているだろう

?もしも私がこの子だったら、この言葉をどう思うだろう

?じゃあ、私は親としてどうしたいのだろう。




「この子は今、なにを言っているのだろう。一生懸命、私に何かを伝えようとしてくれているはず。でも、私のキャッチ力(表情や動き、南語などから赤ちゃんの
気持ちを読み取る力)が足りないからわからないだけ」


広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }