45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

共働き子持ち夫婦が目指す資産形成のあり方。リスク資産を妻が受け入れられるかどうか。

今、結婚3年目になります。1年目の途中に子供も産まれた子持ち夫婦ですが、貯蓄先は、年々変化してきてきました。

 

〇1年目

 夫婦で年200万貯蓄

 貯蓄先 郵貯銀行の普通預金

 

〇2年目

 夫婦で年300万貯蓄

 貯蓄先 社内預金(郵貯銀行の預金を全てこちらに)

     貯蓄性保険

     子育て用預金

 

そして今年は3年目。社内預金は市中の銀行の金利に比べると破格に良いが、1年たってからいろいろ疑問が出てきた。

・ここに力を注ぐのはどうなのか。確かに社内預金の金利は良いが、この金利で生活は出来ない。

・僕が退社したら社内預金は使えなくなるので、アーリーリタイヤ後も継続して出来るものも必要。

・僕が無くなったら当面の間は凍結されて使えないから、妻名義の資産も増やしていく必要がある。

 

で、いろいろ考えた結果、インデックス投資を取り入れることにした。今年、実験的にセゾン投信を10か月間、月2万の積み立てで利用してみたら思いのほか悪くなかった。

f:id:well-lined5963:20161219111621j:plain

現時点では、積立額16万に対して利益が15,491円。年利9.68%

 

利益が出ているのは、たまたまトランプ相場に乗れたからであって、それまではずっとマイナスだった。マイナスのときはイライラはしたけど、でも、せいぜい3千円か4千円程度でとどまっていた。

 

日経225先物やFXだと、すぐにマイナス1万、2万はいく。数十万のマイナスも経験した。この精神的ダメージに比べると本当に楽で、マイナスの膨れ幅もそれほど大したことは無い。

 

10年、20年という長いスパンで考えたら非常に低リスクで取り組みやすい方法なので、今後は取り入れるべきと考えた。(セゾン投信が良いのか?iFreeの方がコストが低いから良いのでは、悩むが、まずは取り組みやすいところから。)

 

でも、実行するにあたってひとつ壁がある。

 

妻の了承という壁。

 

 

僕の妻は、投資など全く無縁で、マイナスは絶対イヤという人間。それをどう説得するか。それには過去の実績を見せるしかない。思い切って話をしてみた。

 

僕「来年度の貯蓄計画について話したい」

 

妻「いいよ。お金の話は大好きだから」

 

僕「いまは、金利の良い社内預金に貯蓄して言ってるけど、これは僕名義で僕がもしなくなったら凍結されてしばらくお金を出せなくなるから、妻名義での資産も作っていく必要があると思う」

 

妻「ふむふむ」

 

僕「それで、いまは社内預金を年200万しているけど、今後は、社内預金は僕が年100万、妻はセゾン投信に100万預金していくことに変更しようと思う。」

 

僕「セゾン投信は、投資信託で毎月積み立てていくものだけど、当然リスクが伴うので元本割れもある。でも10年、20年と長期的にみると利益になる可能性が高い」

 

僕「今年、3月から実験的に月2万を積み立てていったけど、今のところは利益が出ている。でも、これはトランプ相場にのったからであってそれまではずっとマイナスだった。でもこれから10年、20年と積み立てていけばかなりメリットが大きいと思う」

 

 

妻「へぇー、いいよ。いろいろやってたんだね。」

 

 

案外、すっと了解を得られました。僕の10か月の実験が良かったのかな?

なので今後の貯蓄計画は次のとおりになります。

〇今後

 年300万貯蓄

 社内預金100万

 セゾン投信100万

 貯蓄性保険60万

 子育て預金40万

 

 

来年は、インデックス投資へ徐々にシフトしていくのを考える必要があるのだろうけど、それはまた来年の話。

 

いまは、リスク資産は、全資産のほぼ2%程度しかない。あまりにもリスクを取らなさすぎている。

 

目標はアーリーリタイヤ。金利で生活できるようになること。お金持ちの教科書にはこう書かれてあった。

 

お金持ちの教科書

お金持ちの教科書

 

 資産5千万というのは金利で生活できるギリギリのライン。

 

金利で生活できるようにする仕組みを作っていかなければいけない。でも、少しだけ目標とする形が見えてきた気がする。課題はいろいろある。少しずつ達成していこう。

 

 

 

 

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }