45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

年末調整で戻ってくる金額はいくら?知らないではすまされません。

節約・貯金 節約・貯金-資産形成 節約・貯金-確定拠出年金

そろそろ年末調整の時期です。社畜人生こそのイベントですが、戻ってくるものは確実に貰いたいので活用します。

 

年末調整を意識し始めたのはここ最近のことです。それまでは年末調整って何?控除ってどういうこと??よくわからないけど、会社が申請しろというから出すわ、程度に思っていました。

 

馬鹿でした、自分。

 

適切に申請すれば

 

お金が戻ってきて、かつ来年度の所得税・住民税額が少なくなること。

 

毎年10月頃に保険会社から年末調整証明書が届きますが、これを使わないと恩恵は受けられません。アーリーリタイヤを目指すからには、少しの額でも乞食のように活用していきます。

 

 

年末調整の控除対象は、

1 配偶者・扶養控除

2 保険料控除

3 住宅借入金等(マイホーム)特別控除

4 小規模企業共済等掛金控除

などあります。

 

我が家は、共働きで賃貸暮らしなので関係あるのは保険料控除のみです。

保険は、いま次のような契約しています。

・生命保険 年62万

医療保険 年2.4万円

 

 

細かな計算は、ネット上にある便利なサイトを利用します。

税金計算機 | 所得税・住民税簡易計算機

 

 

 

f:id:well-lined5963:20161025134231j:plain

黄色い部分に金額を記入すると、下に控除額が自動で算出されます。

生命保険料控除額(所得税) 62,000円

生命保険料控除額(住民税) 46,000円

 

ここから実際の戻ってくるお金を計算します。

 

所得税は年収に応じて代わりますが、僕は年収500万強で10%です。住民税は一律10%です。となると、

 

所得税 62,000 × 0.1 = 6,200円

住民税 46,000 × 0.1 =    4,600円

        計  10,800円

 

 10,800円が戻ってくることになります。12月の給与明細に反映されます。

 

これを多いとみるか、少ないとみるか。単年だとわかりづらいですが、これを10年、20年とみると結構な額になります。

 

10年だと108,000円

20年だと216,000円

 

年1万円でも積み重ねれば結構な額になる。

来年度は個人型確定拠出年金を始めますので、小規模企業等共済掛金控除を活用できますので、年末調整の効果がもっと大きくなります。

 

セコセコ積み重ねていきます。

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }