45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

希望と絶望の狭間にいる30代。もう、絶望の淵をわたりかけてるよ。

昨日、ふと昔読んだ本の一節が頭に浮かんだ。

 

dropout-retire.hatenablog.com

 

10ヶ月くらい前に読んだ本だけど、

妙に印象に残ってる。

今一度、振り返ってみようと思った。

 

「自分の可能性が幻想的に開くのが10代」
「それを試しながら失望していくのが20代」
「30代は、希望と絶望の狭間にいます。気の早い人は、もう絶望の岸をわたってしまったのかもしれません。」

 

この一節は心に残る。30代でもほぼ中盤にさしかかった自分にとって

痛いほど胸にグサっと突き刺さる。

200日前、絶望の岸を渡りかけているけど、

いまも渡り掛けていますね。

 

希望:アーリーリタイヤ出来る

絶望:アーリーリタイヤ出来ない。このままうだつの上がらない社畜人生で

   ストレスフルのまま終わる。

 

なぜ、この一節が頭によぎったのか。

たぶん、本当に、自分はアーリーリタイヤ出来るのだろうか。

と不安がよぎったのかもしれない。

もし、何かのトラブルが起きて働けなくなったり、妻が共働きを早くに辞めてしまったり、子どもが大病を患ったりしたら出来ない。

 

仕方が無いのだけど、希望が打ち砕かれる瞬間。わずかな望みすら無くなる人生。

 

そんな人生嫌だ。やはり早くラットレースから逃げ出すしか無い。

 

もう一度、この本を振り返ってみる。

 

 

全てを手に入れるのは不可能。
 →仕事はもう捨てる。

  家庭と自分のことのみにを選ぶ。

●自分の考え方、感じ方が固まっていないか
 →固まっている。頑固になってきている。 

  本は結構読んできたが、まだまだ足りない。今年は、今のところ30冊(本当はもっと読んでるけど記録してない)1ヶ月に約3冊強か。まだまだだ。


自分のこの3年間、振り返ってみて

・会社と自分に絶望した。
・アーリーリタイヤ目指した。

・お金を意識するようになった。



●自分にとっての「幸せって何?」定義
 これが一番いま悩んでいる、僕は、何に幸せを感じ、何が欲しいのかわからなくなってきている。自分の心の声を聞いていかないと。

●子供と最高の思い出を作る。
 こどもと一緒に公園で遊ぶ。いま、割と頑張ってると思う。

●自分はどの分野で何をしていくのか、専門分野探し、自分の居場所が定まらないと積み上げることができない。年数のかけ算が成り立たない

 →ここが非常に痛い。会社では専門分野も定まらずフラフラしてる。根無し草のように。まあ、頑張っても評価されないから頑張る気も失せた。会社では無く他の分野を探すべきだろう。



●両親とお別れ

 →最近、会ってない。少なくとも1ヶ月に1回は会いに行こう。

 
●自分の中に毒や怒りを貯めすぎない
 →以前は、発散方法は叫ぶしか無かったけど、今は、ブログで文句書くとスーッとするのがわかったので今後も駄目文句は書いていく。

 

 

 

 

広告を非表示にする
div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }