45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

ふるさと納税枠 もう使い切りました。米、肉、明太子、豆腐、ビール 食品ばっかりだけど、毎日の食卓が楽しくなる!

ふるさと納税って、便利だけどついつい後回し後回しにして最後、枠を残してしまったってことないですかね?去年、ずるずる後に引きのばして枠を7千円ほど残してしまいました。

 

すごく勿体ないので、今年はもう一気に使い切りました。迷う時間が本当に長くて無味乾燥な時間になることも多いけど、エイヤ!!です。

 

今年の発注は5か所です。

 

1 米60kg 山形県寒河江市

 2か月に一回、米20kgが送られてきます。これで下半期の米は買わずに済みます。

 

2 ビール24缶 大阪府泉佐野

コスパが良いので選びました。正直、感動は無いのですが、まあ、酒は飲むので・・・  

 

3 明太子1kg 北海道古平町 

 去年、頼んですごく食卓が楽しかったので今年も選びました。

 

4 ざる豆腐とオリーブオイルの詰め合わせ 佐賀県唐津市

 今年初です。全国ツーリングにいったとき、たまたま入った佐賀の居酒屋で食べた豆腐がものすごく美味しかったので頼みました。たぶん、このざる豆腐だと思うんだけど・・・

 

5 豚肉5kg 宮崎県都城市

これも去年、すごく食卓が楽しかったので選びました。

 

 

これが実質2千円で手に入るのだから嬉しいものです。本当は、長く使えるもの(座椅子やアウトドアグッツ)も選びたかったけど、食品の方に流れてしまいました。

 

ふるさと納税、いつまでこの続くかわかりません。都心の首長たち等が見直し要望を総務大臣に出してたりで嫌な流れです。まあ、制度改悪なんてのは良くある話なので、改悪される前に恩恵に預かれるだけ預かりたいところです。

 

ふるさと納税の趣旨云々などは頭の良い人に考えてもらって、頭の悪い僕は目先の利益を追求していきます。

 

人生の貯め時はいつか?結婚後の資産推移を調べてみた。貯蓄率はどうか?

人生の貯め時について考えてみました。よく、DINK、幼少期、そして大学卒業後と聞きますが、我が家はどうなのか?

 

いま結婚3年目になり、子どもは1歳8か月なので、ちょうど貯め時になるのでしょう。では実際どれくらい貯まっているのか。貯蓄率はどうなのか。数字で見て見ました。

 

2013年 結婚前

資産 1,120万

貯蓄 ---

貯蓄率 ----

 

2014年 結婚当初

資産 1,470万

貯蓄 350万

貯蓄率 47%

 

2015年 出産 

資産 1,871万

貯蓄 401万

貯蓄率 63%

 

2016年 去年

資産 2,129万

貯蓄 258万

貯蓄率 40%

 

2017年 今年(見込み)

資産 2,407万

貯蓄 279万

貯蓄率 43%

 

 

どうも一定してますね。2015年だけが貯蓄率が異常に高くなっているけど、これは謎です。それほど意識したわけでもないのですが・・・・

 

貯蓄率が一定しているのも、支出がそう変わってないカラでしょうね。マイホームは建ててないし、保険も最低限にしてることが大きいんでしょうね。

 

 

ですが・・・・やはり問題

 

 

貯蓄率が低い。少なくとも50%は超えないと厳しいですわ。アーリーリタイヤを目指すといいながら数字で見るとまだまだな現実。60%以上で合格点、70%以上で優秀なのに、それが50%以下なんて・・・・

 

雑魚すぎますね・・・一度、妻と話し合ってみましょうか・・・・

 

 

雑談力というのが嫌い。職場で耳栓したい。

もうペチャクチャペチャクチャ、ペチャクチャペチャクチャ、本当にうるさい。業務に関係ない雑談が非常に多い。

 

どうでも良いのですが、耳障りで本当に鬱陶しいです。僕は、業務以外では何もしゃべりたくありませんし、喋りません。まあ、一般論からすれば雑談力が大事とか云々言ってくるのでしょうが、僕にはその才能はありません。

 

頑張ろうとしても言葉が出てきませんし、もう、頑張ろうとするのも面倒くさいです。でも、周りは相変わらずペチャクチャペチャクチャ、ペチャクチャペチャクチャ、よくそんなに話題が出てくるなと感心します。

 

興味もありませんが、ただ、内容がいちいち耳に入ってきて耳障りです。意識しないようにすればするほど意識してしまう。もう、耳栓しても良いですかね?

 

そうすれば自分に集中できる。

 

別に電話とか来客は嫌じゃないんですよ。業務なので。でも、それ以外のことが苦痛で仕方がないんです。なのに、大抵はペチャクチャペチャクチャ、ペチャクチャペチャクチャ、

 

 

あぁ、もう嫌だわ。

ペイジーを使ってみた。これ、便利ですな。

ペイジー、言葉は知ってましたが自分が使うとは思いませんでした。

 

我が家の家財保険は、毎年、振込用紙が送付されます。金額が低額なせいか銀行引きおとしやカード決済ができないという古臭いシステムです(ねえ、損保〇パンさん・・・)

 

こういう振込用紙って、面倒くさいのでついつい先延ばしにするんですよね。12月にきて期限が3月末なので延ばし延ばしにして、漸く重い腰を上げてコンビニにいくことにしました。

 

でも、振込用紙をふとみると「ペイジー」うんたらって書いてある。ん?ペイジー??

 

ペイジーとは、税金や公共料金、各種料金などの支払いを、金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく、パソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払うことができるサービスです。 

 

どうやら、各種銀行のインターネットバンキングを開設していたら、そこからペイジーという項目があり、振込用紙にかかれてあるお客様番号、確認番号等を入力すればネットで振込できるらしい(手数料は場合による。今回は無し)。

 

うん、これは便利だ。別にコンビニに行けばよいことだけど、長い目で考えれば、ここでペイジーの支払いになれておけば後々すごく便利だから、やってみることにした。

 

インターネットバンキングを開くと、あるある、ペイジーのボタンが。で、あっというまに振込終わり。

 

 

おお、これは楽だ。どうやら自動車税とかもいけるらしい(これはやらないけどね)たぶん、年1回くらいは振込用紙関係があると思うから、これは使えるな。

マイホームについて妻と話し合った。投資対象と考えないと買えなくなってきた。

我が家は、家賃5万後半の築25年のボロ(?)アパート暮らしです。一応資産も2千万を超えてきたので、普通(?)ならばマイホーム買うって話になるのでしょう。でも、我が家はそうはなっていません。

 

考えれば考えるほど答えが見つからず難しいからです。何より難しいのは、住む人数、年代によって求める広さ、条件が変わってくること。

 

〇一件屋?マンション?二階建て?平屋?

 

今現在だったら、家族人数が最大なため広い方が良いし、一件屋で二階建てが良いですね。でも、子どもが巣立っていき、年をとると、やがて二階にも行かなくなり広さを持て余すようになるので長い目で見たら平屋なんでしょうね。

 

マンションの場合は、永久に管理費、修繕費、駐車場代がとられるし、大規模修繕が必要になったときに本当に修繕費が貯まっているのか疑問がある。今住んでいるのは地方だから無理にマンションである必要もないし、管理費と駐車場代がどうも無駄に思える。

 

だから、建てるなら一件屋で平屋が良いだろう、ってなった。

 

 

 

〇どこに建てるのか?

 

終の棲家とするなら、最近妻が読んだ本にはこう書いてあった。

 

・年とって動きづらくなって大事になるのは、近くに病院、スーパー、駅があること。

 

これって、すごく条件の良いというか地価が高い場所になる。郊外にでれば安い新築物件はたくさんある。でも、終の棲家まで考えて建てるなら、こういう条件も加味していかないといけない。となると、必然的に人気の地価が高い場所になる。

 

地価が高く人気の場所=いざというときに売れる場所

 

とも言える。郊外なんて多分売れないし、いざというとき後々、厄介な負債にもなりかねないので、かなり値は張るけど、買うなら地価の高い人気の場所の方が良いのだろうってなった。

 

 

〇いつ買うのか?

別に今じゃなくても良い。いま賃貸暮らしなので会社から家賃補助が出てますので、買ったらこのメリットを失うことになる。このメリットを失ってまでも買いたいと思えるのか??と考えると・・・・

 

 

 

 

〇結論

やっぱり、賃貸でええわ。

 

 

になりました。それほどリスクを取らずに、人数に応じて住み替えれば良いので気軽におれます。この柔軟性が賃貸のメリットなんでしょうね。

だからといって、一生、賃貸もどうなのか?という疑問もあります。アーリーリタイヤを目指しているのでリタイヤ後で賃貸のメリットがあるのか??という部分です。

やはり、リタイヤ後は、住居費を下げるためにも住処を事前に決めておいた方が良いのでは、とも思います。でも、それはいつなのか??となるとわからない。

 

 

やはり自分たちが住む視点で考えると、家は買えませんね。投資対象としてなら買えそうな気がします。とはいっても全然勉強してないのでわかりませんが・

 

 

 

いま一番行きたい場所 地上の楽園 フィリピンのアマンプロ 3年以内に行く!!

一生に一度は見ておきたい景色・風景を見ることを今後は大事にしていきたいです。ものよりも思い出を大事に作っていくことを重要視します。そのきっかけは、新婚旅行でいったギリシャサントリーニ。あの美しさは未だに忘れません。

 

こんな景色です。

f:id:well-lined5963:20170310150000j:plain

サントリーニ、いまだに僕の中ではナンバー1です。一生ものの景色って、日本全国ツーリングに行ったからこそですが、たぶん日本ではお目にかかれないと思います。

 

そんな一生ものの景色なんてはるか遠い世界と思っていました。ヨーロッパとか、モルディブとか遥か遠い場所にあるからなかなか行けないんだろうなって。

 

でも、近場にありました!!それがフィリピンのアマンプロ。

f:id:well-lined5963:20170310144701j:plain

 

アマンは「平和」プロは「島」 意味は「平和な島」だそうです。

フィリピンのマニラまでは、日本から直行便で約4時間と近い。そこからホテル専用の飛行機で約1時間。計5時間で着きます。子供がいると、なかなか遠出は出来ませんが、これくらいの距離だと余裕で行けそうです。

 

f:id:well-lined5963:20170310144847j:plain

プライベートアイランドで、島全体が一つのホテルです。プライベートビーチどころではありません。島全体ですからスケールが違います。しかも絶景のホワイトビーチで、まさに地上の楽園みたいです。

 

どうやら、ブラッドピッドも訪れたことがあるとか。(そういえば、サントリーニにもブラピ訪れてたみたいだ。彼を研究していけば一生に一度のポイントに巡り合えそうだ)

 

そんなホテルですから、値段も破格の金額です。なんと、1泊15万以上!!もう気違いレベルです。だからこそ、一生モノの景色になります。金額がこれですから本当に行く人は限られており、静かな空間、絶景な景色を楽しむ究極の贅沢でしょう。

 

金額はすごく高いです。でも、予算の目途はついています。社内預金があと一年半後に満期になり、金利がちょうど43万程度になります。このお金と旅行積立を使えば、たぶん3泊4日の旅行費用は賄えるんじゃないかな。マニラまではマイルで行くとして、そこからの予算はほかのブログとか見ていると、大体70万円。

 

・特典航空券 空港税等で2万

・マニラからアマンプロまで飛行機10万

・宿泊費 45万

・現地滞在費 食費等 10万

計67万 まあ約70万

 

予算上は今から1年半後を計画しておけば大丈夫な気がする。あとは、妻の説得くらいか。全世界、旅行に行くつもりでしたが、少し考えが変わってきました。記憶に残る一生ものの景色を求めて旅していく。これを重視していきたいです。

 

こんなことしているとアーリーリタイヤから遠ざかっていくのはわかっています。でも、旅もしたい。矛盾してます。でも、両方をうまくこなしていくしかない。

 

頑張ります!

 

 

どんなに考えても仕事が好きになれない。お金持ちの条件の一つに「自分の仕事が好き」とあるが・・・

本田健氏や本田直之氏の本を読んでみると、良く出てくるのが、

 

お金持ちの条件の一つに「自分の仕事が好き」であること。

 

どれか一つの条件が欠けても、お金持ちにはなれない。とある。

 

 

僕はお金持ちになりたいから、一度、自分の仕事について考えてみた。

 

この業界で出世することは一切ないだろう。なら、肝心のモチベーションをどこに見出すのか?専門分野を深めていく??どうせ、たかがしれてますし、真っ先に「余計なことをするな」という圧力がかかってくるので無理です。

 

何より、「舐められている」ので、そんな人間は何言っても無駄です。今後の自分の給料はどの程度で、どれくらいの年収になるかも見えています。余計なことをせずに、ただただ淡々と日々を過ごすだけです。

 

お金をもらいにいくだけの、ただただ単純な行動。余計な事は一切せず、確実に自分の業務だけを淡々と行う。

 

はぁ・・・・好きになれる要素がどこにもない。

 

こんなので、どうやって自分の仕事を好きになれって言うのだか。

 

 

となると、僕は、お金持ちになるのは無理だということだ。でも、小金持ちくらいにはなれるだろう。本田氏のいうお金持ちってのは不労所得があり金融資産が2億円以上っぽいので、たぶん僕には無理だ。

 

でも不労所得無しで1億くらいなら僕にもなれる。やはり庶民は小金持ちを目標にするしかないか。お金持ちになりたいんだけどな。働きたくない。

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }