45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

交通事故で、弁護士にコンサルタント機能はほぼ無い。全て一般論で具体論は無いから役に立たない。

交通事故にあってから4か月目になります。

 

以前、保険会社から手配された弁護士をクビにして、自分で再度、選びなおしました。

最初よりかは、幾分ましなのでしょうが、でもね・・・・

 

でも、今後の方針とかアドバイスを求めているのに、全くと言ってよいほど、具体的な提案はありません。

 

こっちは、コンサルタント機能を求めているというのに、もうね、、、終始、無難な一般論ばかり。具体論を述べろって思っているんですが、もうあきらめました。

 

その点、こちらの自分で購入した「交通事故で円満に解決する示談方法」は素晴らしいですね。

 

dropout-retire.hatenablog.com

 メールで質問したら2日以内に必ず返信が来ます。そして、ちゃんとコンサルタント機能を果たしてくれます。

 

もう弁護士いらね、とも思ってしまいますが、そこはやはり弁護士は弁護士で役に立つ部分もあります。

 

交通事故の慰謝料には3種類ありまして、

1 自賠責基準

2 任意保険基準

3 弁護士基準

 

慰謝料の金額は、弁護士基準>>>>任意保険基準>自賠責基準で

一般人は、弁護士基準で請求できないんですよね(まあ、出来る方法もあるのですが、面倒です)

 

弁護士基準で請求するために、弁護士が必要。ただそれだけですね。

 

 

 

 

大人こそ読むべき本「モモ」、時間とは何か?大人が失ったものが良くわかる。

普段の生活を充実させる、最近はそれがテーマです。

部屋のカフェ化もそうですが、それ以外にも、世界の名作を読むというのも一つです。

ということで、名作の一つであるミヒャエルエンデのモモを読んでみました。

 

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 

 

ざっくりとしたあらすじは、

町はずれの円形劇場に迷い込んだ不思議な少女、モモ。街の人たちは、モモに話を聞いてもらうと幸せな気持ちになりました。そこへ「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄ってきます・・・・

時間どろぼうは、大人たちに時間を効率的に使うことで金銭的に豊かになると教えてきますが、その一方で効率化できた時間を、時間貯金銀行へ預けてくれと言います。「あなたが効率化して作り出した時間は、〇年後、金利を付けて返すから損はない」この言葉に町の人たちは感化され、次々と時間を効率化していきました。

時間を効率化して節約できたのだから、その分を余暇として毎日楽しめると思いきや、余った時間を次から次へと仕事に。みんなお金持ちなっていきました。

でも一方で、みんな仕事に常に追われ、秒単位の生活で、せっかちになりイライラしてます。傍からみて全然幸せそうにはありませんし、みんな口をそろえて「今はお金があって良いけど、昔のお金が無い時の方がよかったなぁ。でももう戻れない」と。

そんななか、モモだけが「時間どろぼう」の存在に気づきます。そして時運の友達が全て時間どろぼうにそそのかされ奪われてしまったことから、取り戻すために時間どろぼうと対峙していきます。

モモは児童文学ですが、大人が読んでもグッとくるものがあります。

 

時間とは何か?

 

を問われる作品です。

 

良くできているのが、「時間どろぼう」は大人にしか効果が無いこと。子供には時間を節約するという考えが無いため、「時間どろぼう」は子供に歯が立たないこと。

 

いつからでしょうか。大人になり、世間に塗れ、金銭的なことや、将来の老後のことばかり考えて、現在、いま、この瞬間を生きていないのは。

 

そのことが一番よくわかるフレーズがありました。

ラジコンや小さなロボットなど、子どもたちが、そんなものをつかってもほんとうの遊びはできないような、いろいろなおもちゃをもってくることがおおくなったのです。

(中略)

むかしながらの遊びは、二つか三つの木箱とか、やぶれたテーブルかけとかで、モグラが盛り上げた土の山とか、ひとすくいの小石とかがあれば十分で、あとはなんなりと空想の力でおぎなうことができるのです

空想の力というフレーズにハッとしました。これこそが、自分がまさに失ったものだと。小さいころはあんなに夢中になって公園とかで遊んでいたのは、この空想の力のおかげだと。

「何によって時間を忘れられることが出来るのか、がわかればその後の人生は充実したものになる。」

持たない幸福論の一説ですが、ここも空想の力にある意味近いものを感じられます。

 

 

 

最近は、何によって時間を忘れられるのかが少しわかってきました。DIYです。

ホームセンターで買ってきた木を切って、色を塗って、釘などで組み合わせて、そして家を作り変えていく。やるとシンドイのですが、この作業中だけはあれこれ考えずにその瞬間に集中できています。たぶんこれなのでしょうね。

 

話が逸れました。

 

時間とは何か?人間は、時間を節約すればするほど生活はやせ細っていく。この本では、お金ばかり追い求めても幸せにはなれない。友達と、笑ってお話して、馬鹿な遊びをして、それだけで十分幸せじゃないか、ということのような気がします。

 

人間嫌いの僕としては、ここは却下ですが、でも、時間を節約すればするほど生活はやせ細っていく、という部分は共感しました。

 

この本を読んで劇的に変わったということは無いのでしょうが、自分の枯れた心に沁みわたってくるような、潤いを与えてくれる作品でした。

 

モモ、おすすめですね by 35歳のおっさん。

勤続12年目の退職金はいくらか?知らないではすまない。

退職金は、遠い遠い先のように思えます。でも、もし今自分の身に何かあったら家族に残すための貴重なお金になります。

 

そして、残された遺族が働かずとも生きていけるだけの資産は残す必要がありますので、退職金は現時点でいくらか知らないなんて、いい加減に出来ません。

 

なので会社の福利厚生等を調べて計算してみました。

 

 

340万円。

 

 

これは自己都合の場合。会社都合になると、480万。これが多いのか、少ないのかわかりませんがアーリーリタイヤの役に立つので良しとしま。

退職金と言ってもまるまるもらえるのかどうかは、退職所得控除額を調べないといけません。

退職所得控除額の計算は次の通りになります。

退職所得控除額の計算の表
勤続年数(=A) 退職所得控除額
20年以下 40万円 × A
(80万円に満たない場合には、80万円)
20年超 800万円 + 70万円 × (A - 20年)

 

勤続12年目なので、僕は

40万円×12=480万円は退職所得控除なので、退職金にかかる税金は一切かからないことになります。(翌年の住民税は別ですが)

 

ただ、一つ不満なのは確定給付型のこと。ここ10年で数百万も減らされている一方、確定拠出型は確保されるので不平等はない。

 

今度、ダメ元で言ってみよう(たぶん無理だけど)

 

 

 

普段の無駄遣いしているお金で、モエ・エ・シャンドン1ケースを買ってみたら?

シンプルに生きる、を読んで一番印象に残ったフレーズです。

 

1 自分が必要としているものはなに?

カウンセリングに費やしていた分のお金で、モエ・エ・シャンドン1ケースを買ってみたらいかがでしょう?

 

このフレーズにはしびれました。なんていう素敵な、そして壮大な!

モエ・エ・シャンドンは確かに美味しい。でも750ml1本で5千円もするし、1ケースとなるといくらするんだ?って話です。

 

普段の無駄遣いをどうにかして辞めたいと思っています。僕の場合は、コンビニ費用やツタヤレンタル、そして漫画喫茶費用で、ついつい、月1万円以上使ってしまいます。辞めたい、と思っていても、身近な目標が無いのでいつも失敗してしまいます。

 

そりゃあ、アーリーリタイヤを目指すという目標があるので、それに活かせばと頭では思っていても実行に移せない状況が続いていました。

 

でも、この、モエ・エ・シャンドン1ケースを買ってみたら?というフレーズには、心が動きました。

 

なんていう、壮大で、馬鹿なテーマだ。でも、素晴らしい!

 

お金は使わず貯めて投資するのが良いのはわかっています。でも、それだと日常に潤いがあまりに無いので、ある程度は現在のために使いたい。

 

でも、その使い道が、いつも刹那的で記憶に残らない。死に金と言える。

 

非常に勿体ない。どうせお金を使うなら、記憶に残るようにしないと。だから、モエ・エ・シャンドン1ケースを買うか、一生使えるようなものを買うためにコンビニなどで使うお金を貯めていこうと思う。

 

いま、気になっているのはショルダーバッグか、キャリーケース。明日は特にすることも無いのでデパートにウインドウショッピングしてきます。

 

あるべきところに、あるべきものを

それぞれのものは、それぞれの場所に

整理整頓は時間を節約し、記憶力を助ける

良い仕事は、清潔で整頓された環境から始まる

整理整頓は、心に響きました。

仕事は知りません。

 

 

大好きなものだけに囲まれて暮らす

「身のまわりに置いておくのは、大好きなものだけにする」を今から心に決めてください。つまらないものや過去のものに、自分の世界を占領されないように。少しだけ、でも飛びきり良いものだけに囲まれて生活することを心だけましょう。

 ほどほどに良いもの、ほどほどに置きにいるだったものは処分し、完璧なものと取り換えること。たとえ、それが消費と映っても躊躇しないことが大拙です。

 シンプル主義は高くつきます。けれども、この代償を払ってこそ、最小限のもので満足できる、シンプルな生活が手に入るのです

 

シンプリスト、物は少ないが取捨選択して、自分にとって満足いく暮らしをする人。今の自分が目指すべき姿。

最近はシンプル主義は、忘れかけてましたが、やはり本当に良いものを探していく必要はあると思う。

 

質素、清潔、秩序を重んじる楽しみ。

身のまわりを片づけながら、わたしたちは自分自身の心のなかも整理しているのです。

こういう考え方は自分にはなかったけど、確かに言われてみれば掃除すればスッキリはしますね。毎日、嫌な仕事で何もしなければすぐに憂鬱な気分になるので、積極的に掃除することでその嫌な気分を忘れることができそうだ。

 

絶え間なく消費している時間の質を高める。

人間とは、時間が足りないと嘆きながら、同時に、時間を無駄に使ってしまうものなのです。時間は、すべての人に平等に与えられています。それをどう使うか、時間の質をたかめられるかどうかは、すべてあなた次第。充実した人生を送るためには、シンプルかつ上手な時間管理が必要不可欠なのです。

 一時一時を満喫するもっとも効果的な方法は、自分で自分の面倒をみること。出来る限り、なんでもひとに頼らず自分自身でやりましょう。

 良い一日の積み重ねが、より良い将来を築くのですから

時間の使い方、質の高め方は前々から気にはなっていたこと。今は勉強する、本を読むくらいでしょうか。ただ、何もせずぼんやりしてたらすぐに過ぎ去ってしまうので注意しないと。

 

プラス思考を手に入れる

心配、孤独、落ち込み、恨み、怒りで頭がいっぱいになる・・・・そんなときは「面白い本を読む、いつもと違った服装をする、花を飾る、音楽をかける、香りを焚く、アルマキャンドルをともす」などのことを試して、自分の周りを出来る限り楽しくするように心がけましょう。

 訓練を積むことにより、マイナス思考を抑えることができるようになります。まず、過去にこだわるのをやめ、今できることに考えを集中することを心がけましょう。たとえば、朝は、どのような一日にしたいかじぶんに問いかけ、眠りにつくまえにも今日の楽しかった出来事を思い出すようにする。

 たったこれだけでも、続けていくうちに、至高のスタイルが前向きにかわっていきます。

これはやっていく価値はありますね。日々、嫌なことばかりで、腹立つ人間ばかりですので。体の中にストレスという毒素を貯めすぎてますので、こういうことをやっていかねば。でも忘れてしまうので備忘録として残します。

 

シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

 

 

 

 

 

ベランダのカフェ化は、少ない費用で日々に潤いを与えてくれるオススメDIYです。

日常で非現実を味わえたら、そんな思いから始めたDIY

 

中でも一番気に入ってるのは家カフェとなったベランダで、それがこれです。

 

f:id:well-lined5963:20170905155251j:plain

 

我が家は、築25年のボロアパートですが、十分満足できる家に作り変えてます。

ここで家にいながら非日常を楽しんでいます。平日は、子供が寝静まったらキャンドルとyoutubeのjazz聞きながら月見酒、休日は、朝食を食べたりと大活躍してます。

 

費用は工夫次第でしょうが、今のところは3万円くらいです。(椅子が高いのですが雰囲気づくりのためです、、

 

最初は、サントリーニをテーマにしてましたが、いまではバリとラピュタが混ざってます。たぶん次は台湾のテイストが混ざるんでしょうね。

 

海外旅行に行くたびに進化?してます。

 

この中でも、妻からいわれて取り入れた緑が良かった。フェイクですが緑は、ちょっと目に入るだけでも安らぎを与えてくれます。

 

オススメのDIYです!

 

なう、晩酌中!

f:id:well-lined5963:20170905200937j:plain

 

 

 

 

 

 

共働き夫婦の資産状況 2017年8月 ゆっくりながら増えてます。

今月から資産状況をまとめていきます。

 

総資産 2,237万円

・社内預金 1,300万

・子育て預金 175万

・貯蓄性保険 124万

・リスク資産 126万

・夫婦個人資産 512万

 

リスク資産

f:id:well-lined5963:20170901105933j:plain

利益         49,065円(前月より518円アップ)

 

リスク資産の割合が、5.4%と非常に低すぎる。

50%くらいまで高めたいけど、この状況で一気に注ぎ込むのは勇気がいる。。。

下落した際に、注ぎ込む予定だ。

 

悠長なことはしてられないのはわかってはいるのだが・・・・勇気が無い・・・

インデックス投資は、ウェルスナビ中心に切り替えていきます。

米国株式投資がいま話題になっているようで、その一方、ダウが過去最高値をつけているので、今投資するのは危険だという意見もあります。

 

僕も、米国株式投資には魅力を感じていますが、高値がずっと続いているので今、投資するのは怖く、下がるのを待っています。

 

でも、

 

下がるのを待ってからといっても、ではどれくらい下がったら挑むのか?

 

と考えると、ずっとこのままずるずる進んで、現状のままなのだと気づきます。

 

別に現状のままでも良いんですが、米国株式投資に魅力を感じていて挑もうと思っておきながら、このままズルズルしてても良いのか、という疑問が常にあります。

 

先なんて凡人に読めるわけもない。

 

また、現在のインデックス投資は、主にニッセイの商品やセゾン投信ですが、軸が定まってない。

 

どこかで軸を定めないといけない。

 

先が読めるわけもないんだから、やるならエイヤでやるしかない。

なので、9月くらいから切り替えていこうかと思います。

 

 

 

 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }